■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
★霊媒師②
今回は霊媒師の特長を知り、そこから見えてくる事実を紐解いていきましょう

霊媒師の概略は前回記述した通りになります
今回は霊媒師の特長に触れていきます
 


 
霊媒師の特長は
①夜フェーズに霊媒する人を(GMに)宣言できる
 この特権は霊媒師にしかないものです
 但し、霊媒できるのは「死んでいる人」だけです
 生きている人は霊媒できません
 霊媒は一晩に一人だけです
 二日目の夜から霊媒できます
 (初日の夜は誰も死んでいない為、霊媒できません) 
 妖狐を霊媒しても「村人」判定です。
 ※徳川さん開催の[狸鍋]では「妖狐」判定です。

②夜フェーズに相談(会話)できる人はいません
 霊媒対象は昼フェーズの会議で村人たち(まとめ役)の人に決めてもらうか
 自分で霊媒対象を決めるかです。
 
③占い師に占われると霊媒師との判定結果が出る
 GMから占い師に対話で「霊媒師です」と回答がある。
 ※徳川さん開催の[狸鍋]では「村人」と判定されます。
 
④村人である。
 村人勢力は「占い師」「霊媒師」「双子」「狩人」「村人」です。
 
⑤妖狐を(占いか吊りで)全滅させて
 その後、人狼を(吊りで)全滅させれば勝利です。
 
⑥偽の霊媒師が名乗りでてくる事がある。
 霊媒師を騙ってくるのは「狂人」か「人狼」か「妖狐」である。
 


昼に霊媒師と名乗り出る(カミングアウトする)タイミングの違いによる
メリット・デメリットを考えていきましょう
 ①初日にいきなり、名乗り出る。
  ・メリット
   狩人に護って貰える可能性がある。

  ・デメリット
   村人たちには霊媒師が真か偽かを判断する材料がない為、信頼度が非常に低い。
   偽霊媒師が現れた時に、どちらが真霊媒師か村人たちには判断つかない。
   狩人が護ってくれなかった場合、霊媒師としての仕事をしないまま噛まれてしまう恐れがある

   双子・占い師が名乗り出づらくなる。
   (狩人が護れるのは一人だけである為)。
   霊媒師の初日カミングアウトは、戦略的に(旨みが)無いと思います

 ②村人たち(まとめ役)の指示(タイミング)により、名乗り出る。
  ・メリット
   名乗り出るタイミングを村人たち(まとめ役)に判断してもらえる。

  ・デメリット
   潜伏(ステルス)していた理由をしっかり説明しないと、村人からの信頼度が低いままである。

 ③吊られそうになった時に、名乗り出る。
  ・メリット
   真霊媒師が吊られずに済む。
   
  ・デメリット
   吊られそうになって名乗り出ても、狂人か人狼・妖狐が吊られないために
   慌てて名乗り出てきたと思われる可能性があり、信頼度が低いです。

 ④霊媒で人狼を発見した時に、名乗り出る。
  ・メリット
   人狼が死んでいる事を村人たちに伝える事ができる。
   人狼を3人発見した場合(開幕4人時)生きている人狼があと1体だと村人たちに伝えれる。
   (妖狐が残っている状態で、最後の人狼を吊ってしまうと負けてしまう)

  ・デメリット
   村人たちには霊媒師が真か偽かを判断する材料がない為、信頼度が非常に低い。
   
 ⑤霊媒で占い師を発見した時に、名乗り出る。
  ・メリット
   真占い師が死んでいる事を村人たちに伝える事ができる。
   
  ・デメリット
   村人たちには霊媒師が真か偽かを判断する材料がない為、信頼度が非常に低い。
   
 ⑥偽霊媒師が騙ってきた(名乗り出てきた)時に、名乗り出る。
  ・メリット
   偽霊媒師の(場を荒らす)偽の霊媒発表を防ぐ事ができる。

  ・デメリット
   村人たちには、どちらが真霊媒師か判断つかない。

 ⑦偽占い師が自分(真霊媒師)を人狼と判定(発表)した時に、名乗り出る。
  ・メリット
   真霊媒師が吊られずに済む。

  ・デメリット
   吊られそうになって名乗り出ても、人狼が吊られないために
   名乗り出てきたと思われる可能性があり、信頼度が低い上に会議が荒れる。

 ⑧名乗り出ない。
  ・メリット
   潜伏(ステルス)したまま、霊媒が行える。

  ・デメリット
   潜伏(ステルス)状態のまま人狼に噛まれてしまうと
   村人たちに霊媒結果を伝える事ができない。


※以下の考察はダニエル鍋Versionのものです。
真占い師を見極め、人狼判定を3回(人狼が4人の場合)出した霊媒師は役割を果たしています。
霊媒にて人狼判定が4回と言う事は、人狼が全滅しているという意味です。
しかしゲームの仕様上、人狼全員を霊媒で判定する事はないです。
 ※人狼が全滅した時点でゲームは終了です。
  (妖狐が残っていれば、妖狐の勝利。妖狐も全滅していれば、村人の勝利)


霊媒師のまとめに入ります
まず霊媒師の役割として、真占い師を確定させる。
そして、死んだ人狼の数を確認する。

大事なのは名乗り出る(カミングアウトする)タイミングだと思います。
霊媒師は名乗り出た(カミングアウトした)その夜に
人狼に噛まれてしまう危険性が高いと思われます。
狩人が護るのは占い師・まとめ役(双子など)と思われる為です。

つまり、キーとなる霊媒結果を村人たちに伝えたい時に名乗り出るようになります。
 ①占い師の占い発表が間違っている(偽占い師発見)時
 ②死んでいる人狼を(人狼が開幕時4人の場合は)3人見つけ出した時 などです。
霊媒師として知りえた情報を村人たち(まとめ役)にしっかりと伝えておきましょう。

占い師の占い発表が正しい時は、無理に名乗り出る必要はありません。
「霊媒師が黙っている=占い判定と霊媒判定が同じ結果」
と村人たちが認識してくれるからです。


こんな感じだと思うのですが…
なにぶん霊媒師を経験していないもので よくわかりません。
誰か私を正しい考察へと導いて下さい。。。。。。
 
スポンサーサイト
★霊媒師 | 00:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。