■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

★占い師③
占い師をやっていて悩むのが「誰を占うのか」
今回は、ここから考えていきます

占い師は名乗りでていても、潜伏(ステルス)でもどちらでも可能。
占い師が潜伏している時は、占い結果が村人ならそのまま潜伏して
占い結果が人狼なら名乗り出る(カミングアウトする)ケースが多い。
 


 

占う人物(対象)を考える

①昼に村人たち(まとめ役)に占うよう指示された人
  村の会議で決まった占い先(人物)を占う。

②発言力のある人、昼の会議をサポートしている人
  発言力のある人を占って、村人判定が出れば「会議のサポート役」として安心できる。
  但し、狂人も「村人と判定」されるので、発言(サポート)内容には注意が必要。
  人狼判定が出た場合、発言力のある人狼を吊ることできる。
  発言力のある妖狐を呪殺できる。

  村人と確定された「発言力のある村人」が、そのまま人狼に噛まれてしまう可能性がある

③発言はよくしているが、あまり内容が無い人
  静かだと怪しまれるので、無理に発言(主に雑談)をしているような人を占う。

④静かな人、会議で発言が少ない人
  発言をよくしている人は占わないで、その発言内容から判断する。
  妖狐は静かに潜伏している事が多いので、発言が少ない人を占う。
  
  初心者はルールやカケヒキが分からず、静かなケースが多い。

⑤理屈に合わない発言をしている人
  非常に怪しく思えるが、おかしな発言をしている人は
  狂人か天然の場合があり、その場合は占っても「村人」判定です。


人狼は開幕3~4人で設定(任命)されており、
人狼全員が会議でよく発言する、もしくは全員が静かと言う事は稀だと思われます。
このあたりも踏まえて、占い先を考えてみて下さい。



次に「偽占い師が出た時の対処方法」を考えてみましょう

偽占い師が出た時の状況パターンは
①真占い師が名乗り出て(カミングアウトして)いる状況で、偽占い師の登場。

②真占い師が潜伏(ステルス)中に、偽占い師の登場。
 真占い師も慌てて名乗り出る(カミングアウトする)

③真占い師が潜伏(ステルス)中に、偽占い師の登場。
 真占い師は潜伏続行。

ここでは、①と②の状況を考えていきます。
つまり村人目線で「占い師が(真と偽)二人」存在する状況です。

「自分が本物である」と主張しても、村人には真偽が判断できない。
ここで村人たちがとる方法として、
①発言が怪しい(理屈に合わない)占い師を吊る
 真占い師でしか分かりえない発言をするように心がけましょう

②二人とも吊る
 二人とも吊ってしまっては、村人勢力の大きな武器(占い)を失う事になるので
 恐らくしないと思います。

③二人とも吊らずに、これからの占い内容で判断する。
 占い師(真偽)二人に占ってもらう(二人で占う場合は何パターンかあります)

 ★【 占い師二人が同じ人物を占う 】
  村人たち(まとめ役)が決定した人物を二人とも占う。
  二人の占い師に「村人」判定されれば、占われた人は村人(狂人含む)確定である。
  占い結果が二人の占い師で違った場合(村人判定と人狼判定で割れた時)は
  その人物を吊り、霊媒師の霊媒判定にて、占い師の真偽が分かる。
  (霊媒師が死んでいると真偽の判断がつかない)

  占われる人物が人狼に噛まれてしまう恐れがある
  [人狼が噛める=村人]である為、偽占い師は「村人でした」と判定結果を容易にだせる。


 ★【 占い師がお互いを占う 】
  偽占い師が妖狐の場合に、偽占い師(妖狐)を呪殺できる。


 ★【 占い師が村人たち(まとめ役)が決定した人物(AさんとBさん)をそれぞれ分かれて占い、
  次の日は交替して(BさんとAさん)を占う 】
  二人の占い師に「村人」判定されれば、占われた人は村人(狂人含む)確定である。
  占い結果が二人の占い師で違った場合(村人判定と人狼判定で割れた時)は
  その人物を吊り、霊媒師の霊媒判定にて、占い師の真偽が分かる。
  (霊媒師が死んでいると真偽の判断がつかない)

  真占い師が妖狐の呪殺に成功すると、占い師の真偽が判断できる。
  妖狐を占った(呪殺)した占い師が真占い師である。

  (偽占い師が狂人か人狼の場合)妖狐目線で見ると、厄介な占い師(候補)が二人いて
  しかも一日に二人占われるので(片方は偽占い師ですが)不安と焦りが倍増である。
  
  占い先(人物)が噛まれた場合、判断がつかなくなる。


 ★【 一人目の占い師が占った人物を、二人目の占い師が次の日に後を追って占う 】
  二人の占い師に「村人」判定されれば、占われた人は村人(狂人含む)確定である。
  占い結果が二人の占い師で違った場合(村人判定と人狼判定で割れた時)は
  その人物を吊り、霊媒師の霊媒判定にて、占い師の真偽が分かる。
  (霊媒師が死んでいると真偽の判断がつかない)

  真占い師が妖狐の呪殺に成功すると、占い師の真偽が判断できる。
  妖狐を占った(呪殺)した占い師が真占い師である。

  占い先(人物)が噛まれた場合、判断がつかなくなる。


どの手段で占い師の真偽を確かめるのかは、村人たち(まとめ役)に任せましょう。
あなたの信頼度が高ければ本物である事が村人に伝わり、
間違って吊られる事は無いと思います。
但し、狩人が護ってくれない(狩人に信じてもらえていない)場合は
人狼に噛まれてしまう恐れがあります。

占い師が潜伏(ステルス)している場合、
・カミングアウト前に人狼に噛まれない事。
  潜伏(ステルス)していた占い師が噛まれるのは、
  人狼に噛まれる危険を考えずに発言した結果です。
  必死に、そして自然に村人の中に溶け込んで下さい。
  占い師とは気づかれていなくても、
  人狼にとって邪魔(危険な存在)と思われることで噛まれる恐れがあります。
・昼フェーズの吊り候補にならない事。
  吊り候補になってからのカミングアウトは、
  人狼・狂人・妖狐と判断され信頼が落ちる可能性がある。
  吊られそうになった場合はカミングアウトするしかないです。
  その場合、まず「村人からの信頼を取り戻す事」を第一に考えて発言する。

占い師は村人たちに信頼されて、はじめて本来の能力が活かせます。


今回も長くなりましたので、
「どうすれば村人たちからの信頼度が上がるのか」は、「占い師④」で考えていきます。
 
スポンサーサイト
★占い師 | 01:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad