■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

●赤頭巾村 ~ まえがき ~
先日とても不思議な体験をしました
それは『ゲームの中でゲームをする』という体験でした

何言ってるの? 意味が分からない
そんな風に思ったアナタは正しいです

実のところ書いている私自身も意味が分からないまま
そのゲームに参加させてもらっていました



もう少し噛み砕くと
『オンラインゲームの中でチャットによる推理ゲームをする』
こんな表現になるのでしょうか

そのチャット推理ゲームは皆に『ダニエル鍋ゲーム』と呼ばれていて
世間一般の呼び方で言うと『汝は人狼なりや?』と
言われているチャットゲームのようです

10人から20人 多ければ30人ほど集まり
3グループの勢力に分かれます
駆け引きと推理で他勢力のグループ員を減らしていき
自グループを勝利へと導いていく内容のゲームでした

実際に自分自身で体験してみないとよく分からないと思います
私がそうでした(分からないままゲームに参加させて頂きました)


そして体験後思ったのは
『もう一度やってみたい』 ゲームの流れは見えた(と思う)
しかし駆け引きや推理のコツがまだまだ見えてこない
ゲームの流れが分かってきた状態でもう一度やれば全貌が見えてきそう

そういう思いで第二回戦にも参加しました
その結果は『謎が謎を呼ぶ!』
駆け引きが見えたように思えて、実はその裏をかかれている
裏の裏を推理すると(裏の裏は表?!)
このゲームの持ち味・醍醐味である
『思考のメビウスの輪』にはまってしまい抜け出せなくなります

全員が怪しく見えてしまい、誰を信じていいのかわからず
混乱状態のまま帰らずの人(お鍋行き)となります


今回このゲームで体験したことを物語として書いてみようかと思ったのは
ゲーム自体が面白かった事もありますが
進行役と参加者の皆さんのキャラがとても味があったからでしょうか

しかしながら私は今まで小説や物語など書いたこともなければ
本を読む趣味もありません
どのように書いていいか全くわからないのです
さらに正しい文法・文節・句読点の位置とか分かりません

日本語の奥の深さ、難しさに溺れそうになっていた時に
ある人から助言を頂きました

『文章は自分の言いたいことが正しい言葉で伝わればいいと思います』

ここで 《 目から鱗がポロリ 》
とりあえず自分の言葉で書いてみよう
そう思いました

長い言い訳でしたが
物語の中で日本語としておかしい点
間違った文法など多々あるかと思います
しかし暖かい目で見守ってください


この物語を通して『ダニエル鍋ゲーム』を擬似体験してみて下さい

では第一話『赤頭巾村』の世界へ…





スポンサーサイト
まえがき・あとがき | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
(*゚▽゚*)
(*´・ω・`*)ドキドキ
2006-12-09 土 13:19:38 | URL | ゆうが [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad