■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

◆赤頭巾村  ⑫「安堵の中」
今までの騒ぎの疲れが出たのでしょうか
狼と狐を倒した安堵からでしょうか 流星はぐっすり熟睡していました

目が覚めると会議が始まる時間になっていました
広場に遅れてやって来ると
ゆうがとハーニバルがまだ来ていないようです
どうしたのでしょうか
流星と同じく寝過ごしているのでしょうか
みんなでハーニバルの屋敷へと向かいました
屋敷の扉が開いており、何かおかしな雰囲気です
部屋の中に入ると布団に誰かかがいるようです
その中で眠ったように亡くなっているハーニバルの姿がありました
ノドを噛み切られ冷たくなった姿で…



 
そうです まだ狼は生き残っていたのです
何食わぬ顔で村人の中に紛れ込んで、次の獲物を狙っていたのです

ゆうがは大丈夫なのでしょうか
ゆうがの屋敷は静まりかえっていて人の気配がありません
流星は胸騒ぎが治まりません
突然、村人から嫌なざわめきが起こりました
部屋へと入って行くと布団の中に誰かかがいます
ゆうがも狼の牙によって命を落としたのでしょうか

静けさの中で、かすかに寝息が聞こえてきました
ゆうがは無事でした
妖狐を倒した祝盃を一人で挙げて、飲み過ぎで寝ているだけのようです
よく見ると周りに空になった酒樽と徳利が転がっています
みんなから安堵のため息がもれました

騒ぎの中ゆうがが目を覚ましました
ハーニバルが狼の牙により亡くなった事をゆうがに伝えました
ゆうがはまだ寝ぼけ顔です
昨夜はちゃんと占いをしたのでしょうか
ゆうがは何もなかったかのような顔で
左手でモッチを指差し、正体は狼だと話し出しました
何かを言おうとしたモッチでしたが
いきなり村人たちに押さえ込まれて大きな音と共に倒れ息絶えました
これで人狼は絶滅したのでしょうか
あと占われていないのはヨゥとシローだけです
村人が全員占われるまでは安心できません


今夜も遠吠えは聞こえてきません
月明かりにうごめく影さえも…
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

2006-11 赤頭巾村 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
Σ( ̄ロ ̄lll)
酔いつぶれてるよまま!Σ( ̄ロ ̄lll)

酒のみてえよ!(*´д`*)ハァハァ

樽…徳利…どれだけ呑んだんだあたし!

中身にも呑ませろぉぉぉぉ(ノД`)シクシク
2006-12-17 日 00:28:28 | URL | ゆうが [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad