■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ミニネコ村 ⑥
 
★桃太郎編★ 

村人の数が少なくなってきました

このままでは鬼退治に出かける前に村人がいなくなってしまいそうです

いつも明るいゆうがを皆が囲むように集まっています

桃太郎さんは切り株に座って休憩していました
「今日はおばあさんが、おいしい甘酒を用意してくれたのですよ」

ダニエルさんのお腹が大きく鳴りました
「ぎゅるるっ」

桃太郎はとても良い香りの甘酒を取り出しました
「ダニエルさん鬼退治についてきておくれ」

ダニエルさんは大きく首を横に振りました
「いいえ桃太郎さん お腹を鳴らしたのは私ではありません」

そう言ったダニエルさんの視線の先には、ゆうががいました

ゆうがは物欲しそうに甘酒をジーと見つめています
「桃太郎さん甘酒を一杯飲ませてくださいな」

桃太郎は5人目のお供を見つけました
「では鬼退治についてきておくれ」

ゆうがが甘酒を飲み干しました
するとその姿が狼に戻りました

ゆうがの正体は人狼だったようです

桃太郎は人狼のゆうがを五人目のお供にしました
 
桃太郎は妖狐ミニネコ、人狼ハッシー、人狼ゆうがを連れて村の診療所に向かいました

診療所では元気になったチョキーとケルンが待っていました

桃太郎はチョキーとケルンをお供に加えて、鬼ヶ島を目指して出発しました






  
★太郎さん編★ 

次々と人狼に襲われていき、町の人が少なくなってきました
このままでは合戦に出陣する前に町が滅びてしまいそうです

いつも朗らかなゆうがを皆が囲んでいます
太郎さんは囲炉裏の傍で座っていました

ゆうがは美味しそうに芋焼酎「寒久手」をグビクビと飲んでいます

太郎さんは雁皮紙をかざして朱い砂をゆうがに投げつけました
ゆうがは悲鳴をあげて人狼の式符へと変わりました

太郎さんは、ほんのり桜色の式符を大事そうに袋へとしまいました


太郎さんは黄色、黒色、そして薄桜色の式符を手にして満足そうです
寄合所の陰陽頭から軍旗を貰い、いざ出陣です

太郎さんは駆け足で関所を通り抜けました
合戦場は硝煙と血の匂いで覆われています

遠くで助けを呼ぶ声が聞こえてきました

太郎さんは式符をしっかりと握り、激しい戦火の中へ走りだしました




スポンサーサイト
2007-10 ミニネコ村 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。