■プロフィール

白虎神王

Author:白虎神王

■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード

ミニネコ村 ⑤
 
★桃太郎編★ 

昨夜の雨で広場に大きな水たまりが出来ていました

昨夜はキキョーが人狼に襲われてしまいました

空ではお日様がニコニコ笑顔なのですが、村人の心は悲しみでいっぱいです

ダニエルさんが悲しみを堪えて立ち上がりました
「占いの結果ですが、ハィパさんも人間でした」

太郎さんは残念そうです

ハィパの後ろで、モッチのお腹が鳴りました
「グゥーー」

桃太郎は腰の袋からきびだんごを取り出しました
「モッチさん鬼退治についてきておくれ」

モッチは大きく首を横に振りました
「ごめんなさい 私は村を守るために残ります」

桃太郎は残念そうに、きびだんごを袋にしまいました

その様子をケルンがジーと見つめていました
「桃太郎さんお腰につけたきびだんご一つ私にくださいな」

桃太郎は4人目のお供を見つけました
「では鬼退治についてきておくれ」

お腹を空かしていたのか、ケルンは飲み込むように食べました

突然、ケルンがノドをおさえ苦しみだしました
「うぐぐ、お、お茶を…」

噛まずに飲み込もうとしたためノドに詰まらせてしまったようです

ケルンは皆に抱えられ村の診療所に運ばれました


空が暗くなってきました、今日の話し合いは終わりのようです

モッチは昼にきびだんごを我慢したので、お腹がペコペコです
今夜のご飯を考えながら家へと歩きだしました

そのモッチの後ろ姿を鋭い目が見つめています


家に帰ったモッチはお腹いっぱいご飯を食べてウトウト眠り込んでいました

「がぶっ」
人狼の足元にはモッチが横たわっています

月明かりの中、人狼の遠吠えが咲き誇っていました




 
★太郎さん編★ 

昨夜の豪雨で屋敷の池の水が溢れんばかりに増えていました

昨夜はとうとうキキョーが人狼に襲われてしまいました

空では暖かな太陽が輝いていますが、皆の心では悲しみの雨が降りそそいでいます

ダニエルさんは涙を手ぬぐいで拭きながら立ち上がりました
「占いの結果ですが、ハィパさんも人間でした」


太郎さんは残念そうです

後ろでソワソワしているモッチをハィパが気にしていました

太郎さんは雁皮紙をかざし朱い砂をモッチめがけて投げました

しかし朱い砂はモッチには当たらず、
その横に座っていたケルンの目に当たってしまいました

ケルンは目をおさえながら、町の診療所に運ばれていきました


夜空にたくさんの星が瞬いています
モッチは星を眺めながら自分の屋敷へと歩きだしました

そのモッチの後姿を紅く光る目が睨んでいます

屋敷で眠り込んだモッチに鋭い牙が襲い掛かりました
人狼の瞳には赤く染まったモッチの姿が映っています

屋敷の庭では名もない小さな花が咲き乱れていました

スポンサーサイト
2007-10 ミニネコ村 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad